山花郁夫 やまはないくお 衆議院議員

●選挙区 東京22区:調布市・三鷹市・狛江市
稲城市の一部(押立、矢野口、東長沼、大丸、向陽台、百村)

立憲民主党

トップページ活動報告

2018年7月5日

国民投票法の一部改正について

山花 郁夫さんの投稿 2018年7月4日水曜日

 
今日は朝から衆議院で憲法審査会が開かれました。

国民投票法の一部改正について提案理由の説明が行われ、メディアでも大きく取り上げています。

中身については以前、公職選挙法が改正されて例えば投票所に行くときに前までだったら幼児だけが親御さんに同伴できたのが中学生とかもう少し大きい子でも同伴可能になったり、大型店舗の一角に投票所を設けることが出来るようになっているんですけれども、国民投票法でも同じことができるようにするという内容です。

今回提案されている中身そのものに大きな問題があるということではないのですが、ただ、テレビコマーシャルについては全く無制限にできるというのが国民投票法なので、こういうことで本当に良いのか?ということなどなど、他の論点ともあわせてパッケージで議論すべきではないのか、もう少し慎重に進めたらどうか?というのが私たちの立場です。

ページトップへ戻る