山花郁夫 やまはないくお 衆議院議員

●選挙区 東京22区:調布市・三鷹市・狛江市
稲城市の一部(押立、矢野口、東長沼、大丸、向陽台、百村)

立憲民主党

トップページ活動報告

2018年7月19日

憲法に関する考え方 ~立憲的憲法論議~

37537768_1898115507148463_9052571065917636608_o
 
立憲民主党結党以来、憲法調査会で議論を積み重ねてきた、「憲法に関する考え方~立憲的憲法論議~」が政調審議会で了承されました。
 
これまで、「憲法に関する当面の考え方」として、改定などもしてきたところですが、通常国会閉会のタイミングで、一定の成果としてお示しをするものです。
 
37337324_1898116720481675_4692089807663267840_o
  
憲法の文言を改めようとするのであれば、その必要性および合理性について、具体的な事実に基づいて検討されることが必要不可欠なはずです。
 
このような検討を経たうえで、権力を制約し、国民の権利の拡大に寄与するとの観点から、憲法や関連法の論議・検討を進めてきました。
 
37608747_1898115963815084_8100572679788036096_o
 
「国家権力の正当性の根拠は憲法にあり、あらゆる国家権力は憲法によって制約、拘束される。」という立憲主義をまもり、回復させることが目的です。
 
私たち立憲民主党は、いわゆる護憲と改憲の二元論とは異なる、「立憲的憲法論議」をこれからも深化させます。
 
37353537_1898120573814623_4122816180618526720_o
 
詳しくは追って立憲民主党のWebサイト(https://cdp-japan.jp/policies)にアップされますので、そちらをご参照ください。

ページトップへ戻る