山花郁夫 やまはないくお 衆議院議員

●選挙区 東京22区:調布市・三鷹市・狛江市
稲城市の一部(押立、矢野口、東長沼、大丸、向陽台、百村)

立憲民主党

トップページいくおくんと憲法について学ぼう Q&A

憲法改正はどうやったらとめられるの?

いくおくんと憲法について学ぼう『憲法改正はどうやったらとめられるの?』
---------------
そもそも僕らは良い改正なら賛成だし、悪く変えてしまうなら反対だと言っています。

止めると言うことですから「これは悪い改正だ!」という判断に立ったんだとすると、まず衆議院と参議院でそれぞれ2/3という要件がありますから、発議をさせないというのがひとつだと思います。

もし、それでも発議がされて反対である!と言うことであれば、最後は国民投票となりますので、多くの方に働きかけて「これは賛成しないでくれ!反対してくれ!!」と、最終的に国民投票で賛成が過半数を超えさせなければ憲法改正をストップできることになります。

山花 郁夫さんの投稿 2018年6月30日土曜日

 

 

そもそも僕らは良い改正なら賛成だし、悪く変えてしまうなら反対だと言っています。

止めると言うことですから「これは悪い改正だ!」という判断に立ったんだとすると、まず衆議院と参議院でそれぞれ2/3という要件がありますから、発議をさせないというのがひとつだと思います。

もし、それでも発議がされて反対である!と言うことであれば、最後は国民投票となりますので、多くの方に働きかけて「これは賛成しないでくれ!反対してくれ!!」と、最終的に国民投票で賛成が過半数を超えさせなければ憲法改正をストップできることになります。



ページトップへ戻る