MENU

新しい時代がはじまりました。

一つの価値観を押し付け、同調圧力を強要する政治ではなく、多様性を認める政治へと転換しなければなりません。

自己責任一辺倒で一生を終えることのできる人はごく僅かで、格差社会を自己責任とうそぶくことは政治の責任放棄です。分かち合い、支え合う社会こそが、これまでの競争社会に代わる新しい社会像です。

立憲主義、民主主義をないがしろにし、「この道しかない」と、強権的に日本を一つの色に染め上げようとする安倍政権に対し、私は、個人の人格を尊重し、差別や分断を許さない、多様性を力にする社会の創生をめざします。

私が、日本の新時代を築く道標となる、その気概をもって全力を尽くしてまいります。

 

山花郁夫のよくわかる憲法

topban2

詳しくはこちら

憲法について学ぼう

topban3

詳しくはこちら

PAGE TOP