2018年の振り返り

今年は通常国会と臨時国会がありましたけれども、久しぶりだったこともあっていろいろ思い出しながらの運営になったかと思います。
また、一期生の方も非常に大活躍をされておりまして刺激を大変受けました。
ただ、これまでも申し上げてきたかと思いますけれども、通常国会また臨時国会を通して与党の運営が極めて乱暴というか本当に雑な感じがいたします。
先の臨時国会の終わりには議長が入管法について閉会中の審査もちゃんとやるべし、というようなことを言わなければいけないような状況でした。
そもそも衆議院の議長さんというのは自民党出身の方なんですが、そういう方ですらこのようなことを言わなければいけないような事態というのは極めて異常だと思います。
しっかりと正していかなければと思っております。