働き方改革は人の命に関わる重大な問題!!

本日(5/25)午前中に、加藤厚労大臣の不信任決議案を野党で提出しました。
実は今日、いわゆる「働き方改革」法案について強行採決という動きがあるんですが、今朝になってまた厚労省が出してきたデータが間違っていたことが発覚しました。
通し番号が違うのに全く同じ中身のものが何件かあり指摘をしていたところ、今朝の理事会でコピーが混ざっていたとのことでした。
厚労省が示しているデータは裁量労働制の時にも間違いがありましたし、おかしなデータは省いたと言ってましたけど、いま残っているデータも本当に正しいのかが極めて疑わしいことが明らかになったのだと思います。
このデータをもとに労働政策審議会で議論があって裁量労働制については切り離されましたけど、高プロなどの法案が出てきているわけですから、ちゃんとデータを取り直してから政策立案をするべきことなのではないでしょうか。
安倍総理が「働き方改革国会」などと言っているので面子でやってるのかもしれませんけれども、過労死など人の命が関わってることですので、我々はこういったことで強行採決をしようとしている姿勢について不信任案を出しました。
おそらく報道では『また野党が不信任案で対抗』ぐらいのサラッとした記事になると思いますけど、中身は本当に重大なことだと思っています。