合意なき憲法審査会

臨時国会も終盤になって、与党側のかなり強引な国会運営が目立ってきました。
昨日も憲法審査会の幹事懇談会を与野党の合意がない状態でセットをする事態が起こりました。
憲法審査会はずっと与野党合意でセットしてきですが、何ら合意もなく当日昼になって14時半にセットしましたという連絡が入りました。
ですが、私自身が昨日の14時半は小池都知事からの税制改正の要望を都連として受けるという時間帯でしたし、国民民主党の階さんについては入管法で問題になっている法務委員会で質問に立っている時間で、共産党の赤嶺先生は自衛隊の誤射があった場所に安保委員会で視察に行っているという、野党側が物理的に出れない時間帯にセットして『野党が出てこないのだ!』みないな演出しています。
こういったやり方を報道されると、野党はまた欠席してるのかと見えてしまうかもしれませんけれども、むしろそんな時間帯に合意もなくセットする与党に極めて問題があると思います。