【合流新党 都連大会開催】立憲主義と多様性について。


 
9月25日に合流新党の都連大会を開催いたしました。

こちらの大会アピールでも、立憲主義ということと、多様性という言葉が入っています。

あらためて申し上げますけれども、立憲主義というのは、たとえ多数者であっても個人の人権については奪い得ないものがある、そのために権力を抑制するのだという考え方です。

また、人権というのは個々のアイデンティティを最大限尊重しようと、ヒューマニズムにも通じる考え方かもしれません。

そうだとすると、かつて憲法ができたときの人権という意味合いと今日的な状況では少し中身が変わってきている、豊富になっているのではないかと思います。

多様性の尊重ということはこれからの人権論にとって極めて重要なことだと思います。

これから都連大会を受けまして、私の地元の総支部でも旧政党の解党の手続き、そして新しい合流新党の総支部の立ち上げへと向かってまいります。

ぜひ皆様ご参加いただければと思います。

よろしくお願いいたします。