【内閣委員会】障害者差別解消法案の質疑に立ちました。

当事者や関係団体が長年取り組んでこられた同法の改正について、党障がい・難病PTではヒアリングを実施し、それぞれの思いを背負い質疑に臨みました。まだ課題は多く残されておりますが、一歩前進であり、政府には一層の取組みを求めます。

また、付帯決議について、野党案の取りまとめ役として、限られた時間の中で、与党との折衝を踏まえつつ、当事者の声をできるだけ盛り込めるよう努めました。

今回の委員会の模様はこちらからご覧いただけます。