「同性婚禁止は憲法違反」札幌地裁が判決。

札幌地裁で同性婚の禁止がされているのは憲法違反であるという判決が出ました。

同性どうしの結婚が認められないのは婚姻の自由などを保障した憲法に違反するとして北海道に住む同性カップルが国を訴えた裁判の判決が、17日、札幌地方裁判所で言い渡されます。全国5か所で起こされた同様の集団訴訟で初めての判決です。

引用: 同性婚訴訟 憲法違反どう判断 きょう全国初の判決 札幌地裁 | NHKニュース

地裁の判決であって最高裁ではないんですけれども、非常に意義があるものだと思います。

一斉に当事者の方が提訴したものの判決が出たということです。

従前からお話をしてますけれども、婚姻平等法を国会に提出をいたしております。

司法に訴えなければいけないという状態が残念なことであって、一刻も早く審議をして法律として成立させることが望まれます。

【代表コメント】婚姻の平等の早期実現を求める

立憲民主党代表 枝野幸男

 本日、札幌地方裁判所で、同性婚を認めない現行制度が憲法の平等原則に違反するとする初めての判断が示されました。画期的な判断であり、婚姻の平等を求め、声を上げてきたすべての人たちとともに、新たな一歩を喜び合いたいと思います。

 全国で訴訟は続いていますが、本日の判決を契機として、性的指向によって結婚の選択肢がない不平等な状況が、一日も早く改められるべきです。

 性的指向によらず同性カップルも結婚できる、婚姻の平等を実現する国が国際的にも増えて、G7で同性カップルに法的保障がない国はすでに日本だけです。日本社会の価値観も変化し、2017年の世論調査では約半数の人が、同性カップルの婚姻を認めるべき、と考えています。

 婚姻の平等が実現される社会をめざし、すでに野党各党は、衆議院に、法律で同性婚をできるよう「民法の一部を改正する法案(婚姻平等法案)」を提出しています。立法府において、迅速な議論と解決が進むよう、引き続き取り組んでいきます。

引用: 【代表コメント】 婚姻の平等の早期実現を求める – 立憲民主党