[東京政策2021]ジェンダー平等の推進

通常国会が閉会いたしましたが、残念だったのがLGBTの理解増進のための法律が、結局は自民党の反対で提出もされなかったことであります。

我々はもっと先を行って、差別を禁止をしようという法案を考えているんですけれども、その手前のものすら成立をしなかったことは大変残念に思います。

今回の #東京政策2021 で、もし国の方でできなかったとしても、まずは自治体で一歩進んだことをやっていこうではないかという政策にも取り組んでいくことを盛り込んでいます。

例えば公営住宅などに入居する際に同性同士のカップルについてもしっかりと保護するようにということなどが内容となっています。

国の法律というのはどうしても画一的なところがありますけれども、やはりそれよりも一歩進むということがあって良いのではないでしょうか。

すでに民間の大きな会社などでは啓蒙活動や啓発活動なども始まっています。

むしろ民間の方が先を行っているような気がしますけれども、しっかりと民間の取り組みを受けまして、東京都でも条例など一歩進んだものを作ってまいりたいと思います。