東京高検検事長の定年が閣議決定で延長されたことについて。

このところ衆議院予算委員会が断続的に開かれています。

一般の方にはちょっと縁遠いかなという話ではあるんですけれども、東京高検検事長の定年が閣議決定で延長できることになったということが大きな問題になっています。

安保法制の時もそうでしたけれども、閣議決定で憲法なり法律の解釈を変えてしまうというのが今の内閣で横行してしまっていますけれども、こういうことがあると本当に国会審議だとか社会そのものが成り立たなくなってしまうような大変重大な話です。

政権に都合の良い検事さんは定年が延長されて、都合の悪い方については延長しないみたいなことが起こってしまうと、本当に時々の都合によって検察が動くことになってしまいます。

そもそも国会で審議しているということは、例えばこんな懸念があるからどうなのか、ということに対して、こういう対策を取りますからご理解してください、ということで、例えば法律に賛成したり反対したりということを決めるわけですけども、それが後になって解釈を変えちゃいましたということで、前提と違うことをされてしまいますと法案の審議そのものが成り立ちません。

また、これは国会だけではなくて一般の社会でもそうなんじゃないでしょうか。

心配なことについて説明聞いてなるほどと納得したのに、それが後日になって話が変わりましたなんて言われたら世の中が成り立たなくなってしまいます。

そういった重大なことが政府の政権の中で行われていることについて、ぜひ関心を持っていただきたいと思います。