【新型コロナウイルス】補正予算編成作業にむけた緊急提言、そして。

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。

先日、私も地元を回りまして商工会であるとか医師会など実際の現場の方々の声を聞いて参りました。

例えば、お店なんかでもお客さんが来なかったりとかするんだけれども、家賃などを固定費というのが出てしまう、マル経融資というので無利子で貸してくれるという話があるんだけれども、結局融資ですから返さなければいけないんだけれども見通しが立たない。

あるいは雇用調整助成金というのがあるんだけれども、実際その申請が煩瑣で且つ出るのが3か月後だと、こういった事についての話など伺ってきたところです。

いま私の所にも色々なご意見などもいただいてますが、日々状況が刻々と変わっていると思います。

今日の新聞などでも、ずっとお子さんが家にいストレスだとか運動不足になって困っているいるという記事があり、当初にはなかったような話だと思います。

どういったことでお困りなのか、具体的なお話を是非お寄せいただければと思います。

いま与野党の協議会ができておりまして、そこでしっかりと議論をして、皆様のご意見などを役所にお届けしていきたいと思っています。

新型コロナウイルス対策 政府・与野党連絡協議会が2日開催され、立憲民主党など野党は、補正予算編成作業にむけた緊急提言「補正予算を含め取り組むべき対策について」をまとめ提出しました。

国会はコロナ一色になっておりますけれども、ただ他方、文春で報じられていますように、近畿財務局で亡くなられました赤木さんのご遺族の方がしっかりとを第三者委員会を立ち上げて真相を明らかにしてほしいという、ネットでの署名活動しています。

本当に多くの方々がコロナの問題はコロナの問題として、それとは別にこのことについてはきちんとやるべきだということで賛同の声も広がっているところです。

ご関心のある方はこちらもご参照いただければと思います。