【新型コロナウイルス】緊急事態宣言の発令にあたって。


 
緊急事態宣言が発令をされたのと合わせて、経済対策についても発表がありました。

先日、タクシーの労働組合の方々とお話をする機会がありましたが、本当にお客さんが減って大変だというお話、またタクシーの運転さんは基本的には歩合で賃金が決まってきますので、本当に大打撃だというようなお話なども伺ってまいりました。

政府は経済対策ということで発表してますけれども、まだフレームが決まったということであり、これから申請などいろいろ段取りがあると思います。

先日、お話をした雇用調整助成金について申し入れをしたところ、期間も短くして手続きも簡素化するという形で政府も動いているということです。

既に決まったと報じられていますが、これからもいろんなことが起こってくると思いますので、お困りごとついてご意見等お寄せいただければと思います。

いま我々としてやらなければいけないのは、実際の現場の方々の声をいただいて、それを政府にお伝えするということではないかと思います。

特定の法律案を作ったり、特定の課題に対して政策を打つという状況ではありませんので、通常はいろんなところから聞き取りをしたりとか、それぞれ役所の方も勉強するんですけれども、恐らく「そんなこともわかんないのか!」みたいなこともあるかもしれませんけれども、対象の裾野がものすごく広い状況ですので、我々もやっぱり話を聞いてはじめてわかることもたくさんあります。

インターネット上からもご意見を受け付けておりますので、引き続きご協力をお願いをしたいと思います。

また、一般の方で自分たちに何かできないか?というようなお話もいただいてますけれども、ご自身のことではなかったとしても近隣にこんなことで困ってる人がいるというような情報をいただくということもありがたいと思いますし、そして何よりあのこういった情勢ですので、ネットなどでいろんな不確かな情報、あるいは逆に不正確な情報も発信されてるかもしれません。

リテラシーと言いましょうか、誤った情報に惑わされないよう、あるいはその情報は本当に大丈夫なんだろうか?という確認などもして、ご自身が誤った情報の発信の源にならないようにしていただくということもご留意いただければと思います。

新型コロナウイルスに関する緊急アンケートへのご協力をお願いいたします。