【新型コロナウイルス】障がい者、難病患者当事者のみなさんの声を伺い取りまとめた要望書を政府に提出しました。

新型コロナウイルス対策について、私が座長を務める、立憲民主党障がい者・難病プロジェクトチームで、障がい者、難病患者当事者のみなさんの声を伺い取りまとめた要望書を政府に提出しました。

 
どんな状況においても、誰も置き去りにしない、弱い立場にある小さいな声をしっかり受け止め、政策に反映すべく努めていきます。

要望内容は、全日本ろうあ連盟、集団感染が発生した重度知的障害者入所施設「北総育成園」を運営している社会福祉法人「さざんか会」、その他多くの障がい当事者や難病患者・家族からの声を踏まえてPTがまとめたもので、(1)情報アクセシビリティの確保と徹底(手話、字幕、点字印刷、音声対応、知的障がい者などにもわかりやすい形の情報提供)(2)遠隔手話通訳システムの早急な構築(3)障がい者施設などにおいて集団感染が起きてしまったときの支援体制構築(4)発病による差別や誹謗中傷を減らすとともに、今回の「北総育成園」の記録を今後の施策に反映すること――など18項目にわたっています。

新型コロナウイルスに関する緊急アンケート第3弾へのご協力をお願いいいたします。

立憲民主党東京都第22区総支部では、新型コロナウイス感染症の拡大を受け、地域の皆様への緊急アンケートを実施しています。この度、緊急事態宣言の延長が決まったことを受け、第3弾を作成しました。頂いたご意見は政府への提言に活かしてまいりますので、ご協力宜しくお願いいたします。