緊急事態宣言下のオリンピック開催、引き続き声を上げてまいります。

東京議会議員の選挙が終わりました。

ご期待いただいたような議席数には達しなかったことは、応援いただいた皆さんに素直にお詫びを申し上げたいと思います。

この選挙期間中、特にオリンピックに関して、私たちは中止か、せめて延期をということを訴えてまいりました。

中止にした時の経済的な損失を心配する方も、もしかしたらいらっしゃるのかもしれませんけれども、開催することで感染が拡大し、もし失われる命があったとすると、それはお金には代えられないということを申し上げたいと思います。

また、バッハ会長が来日されましたが、待機期間が3日間と報じられています。

こうしたオリンピック関係者だけ特別扱いしているのではないかという目で見られるようなことは、私はやめたほうがいいと思います。

オリンピックの問題について、開催が迫っていますけれども引き続き声を上げ続けていきたいと思います。