国民の命と暮らしが最優先、臨時国会の召集を求めています。

先日、調布市の電通大の会場でワクチンの接種を1回目打ってまいりました。

数日ちょっと肩が痛い思いをしましたけれども、それはそれとして、ここのところ東京そして神奈川でも4000人、2000人と本当に多くの感染者が出ています。

こういう状況の中で、いま国会では閉会中審査ということで厚生労働委員会や、あるいは時として議院運営委員会など、散発的に委員会が開かれています。

しかし、こういった時こそしっかりと国会での議論というのが必要なのではないでしょうか。

私たちは臨時国会の召集の決定をすべきだということで、いま要求をしています。

一時、コロナ禍の下で緊急事態条項、憲法について改正のテーマにすべきだと言っていた方々がいらっしゃったような気がするんですけれども、こうした状況の中で国会を開かなくていいという判断は何か矛盾しているような気がいたします。

臨時国会の開会要求について、ぜひ多くの皆様にもご支持をいただきたいと思います。