今、政治が行うべきは権力闘争ではなく、コロナ対策。

ここのところ地元での活動が続いております。

臨時国会を開くべきということを主張しているんですけれども、開かれない状態がずっと続いています。

地域の方々からも「なんで開いてないの?」というようなお声をいただきます。

東京でもこの間、医療の状況が大変懸念される状況が生まれてきています。

憲法53条の規定に基づいて、召集を決定しなければいけないと規定されているものです。

この間、与党の方々からは憲法を変えるという話ですと凄く積極的な発言があるんですけれども、ちゃんとこうした運用についてしっかりすべきだということは、まず前提として押さえておかなければいけないことだと思います。