調布市の道路陥没事故について国交省とNEXCOの担当者からヒアリングを行いました。

調布市の住宅街で道路が陥没した問題について、地元事務所で19日、22区総支部の都議、市議とともに、国交省とNEXCOの担当者からヒアリングを行いました。

  
原因は究明中とのことでしたが、原因が判明するまでは工事を再開しないよう強く求めたほか、周辺住民への説明及び安全と安心のアプローチを確実に行ってほしい旨要請しました。