新型コロナウイルスに関する状況と取り組みについて調布市役所でヒアリングを行いました。

12日、調布市の新型コロナウイルスに関する状況と取り組みについてヒアリングするため、調布市役所へ。

黒岩幸三副市長も同席くださり、市の取り組みついて伺いました。

調布市では、PCR検査センターの開設、生活困窮者へのスピーディーな支援体制など、精力的な取り組みを行っています。

自治体が地域事情に応じて創意工夫し、きめ細かく対応するためには、国からの財政的支援が大変重要です。地方創生臨時交付金の拡充など、しっかりと国に求めていきます。

私からは、調布市の取り組みを踏まえ、この間、当事務所で実施してきたアンケートに寄せられた意見や、国会で各団体などから受けた要望などをお伝えしました。市の施策につなげていただきたいと思います。